酸洗いが必要な時はこんな時

酸洗い処理とその目的

酸洗いとは、文字通り酸を使い金属を洗うことを言います。その目的は大きく分けて3つあります。1つ目は金属の表面を洗浄することです。金属を溶接する際に変色した部分や作業時に混ざった不純物を取り除き製品の品質を向上させます。2つ目は金属の加工前に行う下処理です。メッキ工程や塗装工程前に酸洗いを行うことで余分な油を除去しメッキや塗装が付着しやすくなります。3つ目は表面の錆びを防ぐ目的です。加工時に熱を加えられると金属の表面にある膜が壊れ錆びやすくなってしまいます。しかし、酸洗いをすることで金属に含まれる成分と酸が結合し錆びにくくする膜を再形成してくれます。酸洗いの他にも電解研磨や化学研磨という洗浄法があり、製品の仕上がり次第でどの方法で処理するのかが決められます。

酸洗い処理の向き不向き

酸洗い処理は電解研磨や化学研磨など他の処理よりもコストが低いことが最大の特徴です。処理を施す製品によって向き不向きがあり、光沢のある製品にはあまり向いていません。加工処理中にできた角を除去するバリ取り、キズ取りにはわずかながら効果があります。金属の錆びを防ぐ耐食性と溶接によって焼けた部分を除去する焼け取りには非常に向いています。塗装やメッキを手塗りした際に生じるムラをなくすことにも優れていて、加工工程で使用した薬品による変色や染みの除去も可能です。また小さな製品から大きな製品までサイズに制限なく施工できる処理です。酸洗いは素人が自分ですべてを処理するのは難しいですが、専門業者に依頼ししっかりとした工程を踏めば効果的な化学洗浄方法と言えます。

リン酸処理は鋼や鉄に対して施される表面処理法の1つで、表面部分の腐食を抑える事が主な目的となります。

© Copyright One Step Clearner. All Rights Reserved.