せっかくの金属加工も洗い方一つでガタガタに!

酸洗いが不十分だと金属はきれいにならない

酸洗いとは熱を使って金属加工を行ったときに発生した酸化膜やサビなどを取り除く工程のことです。特に金属の表面にメッキを施す場合、この酸洗いが不十分だとメッキの成分が金属の表面に十分に貼り付くことができなくなり、ボロボロと剥がれ落ちてしまう恐れがあため、とても重要な工程といえます。
同じ金属であっても、銅はアルミニュウムよりもさんに強いなど金属ごとに酸への耐久力が異なっています。そのため、金属を酸洗いするときは使用するさんの種類や濃度、処理をする時間などを決めておき、遵守することが大切です。万が一それらを間違えてしまうと酸洗いが全く行われなくなったり、洗いすぎて金属に穴があく場合があります。酸洗いは細心の注意をして行わなければいけません。

酸洗いをするときに気をつけること

酸洗いを行うときはいくつか気をつけなければいけないことがあります。
その1つ目がすぐに酸化防止処理を施すことです。酸洗いによって金属加工時にできたサビや酸化皮膜を取り除くことができますが、サビや酸化膜は金属の腐食を防ぐ効果があるため、酸洗いをした後に何もせずに放置してしまうとさらに酷いサビがつくなど金属を傷つけてしまうことがあります。そのため、酸洗い後は速やかにメッキ加工やアルカリ皮膜を施してサビが発生しないようにしなければいけません。
2つ目は人の体に悪影響が出る恐れがあることです。酸洗いには塩酸や硫酸など危険な薬品を取り扱うことになります。そのため、酸洗い後に廃棄する薬品はきちんと無害処理をしてから処分しないと付近の環境を荒らす原因になります。

酸洗とはチタンなどの金属製品を溶接、熱処理した際に表面に付着する酸化皮膜や錆を除去するための洗浄方法です。

© Copyright One Step Clearner. All Rights Reserved.