酸洗いの種類にはどのようなものがあるか

酸洗い(ピックリング)とエッチング

酸洗い処理とは、熱処理や溶接をした金属から余計な皮膜やサビ、スケールなどを、硫酸や塩酸で取り除く作業のことです。酸洗い処理を正しく行わないと、その後の作業でメッキが密着しなかったり、研磨作業がうまくいかなかったりするため、非常に重要な工程です。

酸洗い処理は、大きく3つに分けられます。1つ目はピックリングとも呼ばれる、酸洗いです。熱処理をすることで金属の表面に生じた、スケールという酸化皮膜やサビを除去する際に用いる方法です。酸液に金属を漬け込むことで、処理します。

2つ目はエッチングで、変質層を取り除くのに使われます。変質層とは、冷間圧延といった常温加工が原因で、金属の表面層が材質的に変化したものです。

酸浸漬とその他の方法

3つ目の方法は、酸浸漬です。酸化皮膜を除去し、金属の表面を活性化することを目的としています。取り除く皮膜の例として、電解洗浄で生じる酸化皮膜や、アルカリ脱脂液によるアルカリ皮膜が挙げられます。また、メッキ加工で、メッキが付きやすくするために使われることもあります。

これら3つ以外にも、酸を利用した処理の方法がいくつかあります。例えば、酸電解や電解研磨、化学研磨などです。化学研磨のなかでも、濃硝酸と濃塩酸の混液を用いて処理する方法は、キリンスと呼ばれています。

今回は、酸洗い処理を酸洗い、エッチング、酸浸漬の3つに分類しましたが、他の分類がなされる場合もあります。また、3つの境界には曖昧な部分もあります。

金属表面処理をすることにより、錆びづらくなり、耐久性がアップします。また、見た目の光沢などを変化させることもできます。

© Copyright One Step Clearner. All Rights Reserved.