化学洗浄処理で注意すべき点とは

酸洗処理ってどんなもの?

化学洗浄処理の代表的なものとして挙げられるのが酸洗処理です。
酸洗処理とはどのようなものなのかというと、酸を使用して金属を洗浄するというものになります。
具体的な方法としては、硫酸や塩酸などといった酸性溶液に金属の製品を浸していきます。
それによってサビなどの酸化物を洗浄したり除去することが可能になり、メッキ加工などを行う際には必ず行われる処理方法です。
この処理を行わないとどうなるかというと、サビなどの酸化物によってメッキの密着不良に繋がるのです。
また、これによって素材の表面がキレイになりますので研磨作業などが不要になり、光沢などが出やすくなるというメリットもあります。
この様に、金属の表面を加工する際には欠かせないものです。

酸洗処理の注意点とは?

酸洗処理の注意点ですが、酸洗処理はいくつかの工程に分かれて行われるものですが、この工程の過程で非常に腐食しやすい状態になってしまうのです。
腐食してしまっては酸洗処理を行った意味がなくなってしまいますので、酸洗処理を行ったあとにはすぐに金属製品の表面に防錆処理を施すなどしなければなりません。
また、酸洗処理を行う際に使われるのが硫酸や塩酸といった薬剤が使用されます。
硫酸や塩酸は毒物及び劇物指定令で定められている劇物になりますので、安全対策は万全にして作業時などに事故が起こらないようにしなければなりません。
また、酸洗処理を行ったあとの排水に関しても排水処理を行い、こちらの安全対策も非常に重要になります。

© Copyright One Step Clearner. All Rights Reserved.